人生の曲がりねこ

「生きてりゃいろいろありますよ~」ってな事で、情報をあれこれ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

                 皆さんは「出会う」ように、導かれたことはありますか?

 

                    毎日毎日、同じように繰り返される日々の中、

           そんな繰り返しの中に、時として「出会う」ことが決められていたかのような

                         導きを感じることがあります。

 

          僕は

 

                     今回、この「母猫と子猫たち」との出会いも、

              そんな、見えない「力」の導きを、感じずにはいられないのです。

 

     この子達を見つけたのは、数年ぶりにマンションの非常階段を使って、降りていた途中でした。

 

                  職場で1フロア移動するにもエレベーターを使う私が、

             そして視力が悪いくせに、ほとんどメガネやコンタクトをつけない私が、

    なぜ、休日のこの日に限って、メガネをして、非常階段で降りていたのか自分でも不思議なのです。

 

          これからずーっと

 

                    階段で降りている途中、小さく小さく寄り添って、

              5匹の子猫を抱えながら、私を見上げる母猫と目が合ったのです。 

 

              そこは、非常階段を使わないと、まったく見ることの出来ない場所。

 

                 見えない力で導かれたとしか思えない、「出会い」でした。

 

          お母さんと

 

              実はこの「出会い」の前に、もう一つの「出会い」が始まっていました。

 

         それはいつも気にかけていた、「公園猫」とそっくりな子が「里親募集」に出されており、

                  「ひょっとして、この子はあの「公園」の猫ですか?」と、

                       私が問い合わせたのが始まりです。

 

                     それが今回、この子達を保護するにあたり、

        お世話になった、名古屋でTNR活動をする「Paw Aid」のまゆっちさんと名甫さんです

 

          一緒で~す

 

                     結局、問い合わせの子は違っていましたが、

            Paw Aidの方々と出会ってまもなく、この母猫と子猫たちに出会ったのは

                  やはり見えない力の導きだと、思わずにいられません。

 

                       猫の絵1 

 

            さて、「新しい出会い」のために巣立って行ったと報告した「白」の多い子猫。

 

                  実は「母猫」と一緒に名甫さんのところにいるんですよ。

 

                    子猫を探して「声」をからして鳴いていた「母猫」

             あの後保護され、不妊手術を受けて、いずれ「里親」を探すということで、

                      名甫さんのところで「家猫修行中」です。

 

           しかし、子猫への愛情があまりにも深く、引き離された精神的ショックのため

         食べ物を受け付けなくなってしまい、急遽、「白」の子をそばに置くことになりました。

 

                        猫の絵2     

 

                      今では、食事も取ってくれているようです。    

 

        経過は「Paw Aid」のブログ紹介されておりますので、皆さん見守ってくださいね。

 

              そして最後になりますが、こんなドタバタのときに「保護猫3匹」抱え、

                    「いったい私、どうなるの~」って思いましたが、

               多くの方から、暖かいコメントや、リンク等の支援を頂きました。

 

            きっとこれも、「出会い」だと、勝手に思わせていただいております。ふふ

   

 

                     猫の絵4      

 

         以前も紹介しましたが、可愛い猫のイラストなどが、いっぱい揃っているサイトです。

                     商用以外なら、無料で利用が出来ますよ!

                              ここをクリック 

 

 

励みにしてます! にほんブログ村 猫ブログ MIX白黒猫へ

 

 

スポンサーサイト

コメント

この子達にはこの先10年15年と保証された幸せが待っていると思うと本当にうれしくなります。
いつまでも元気で、仲良く、そして人間と絆を深めて温かい愛情のなかで安心して暮らしてもらいたいですね^^

やんちゃ君はママと再会できたのですね!
これもまた嬉しいです!
ママも食欲が戻ったとの事でホッとしました。
主人の実家で飼っていた猫に、片時も仔猫と離れないくらい子供を溺愛していた子が居たのですが、成長と共に仔猫の行動範囲が広くなり、そのうち仔猫が1匹2匹・・と事故で亡くなっていってしまい、ノイローゼのようになってしまったママネコが居ました。
そんな思い出もあったので、ちょっと心配だったのですが、嬉しい報告が聞けてよかったです!

仔猫と再会できた事によってママネコの人間への不信感も減ったかもしれませんね!
みんなの幸せ、心から祈っています!

確かに「出会い」というのは不思議なものですね。

うちの子に迎えた子達もそういう見えない力に導かれたとしか思えません。

縁あって出会えたものたちを(人も動物も全て)
大切にしていきたいと、ニャタリーさんの日記を読んで、改めて思いました。
いいことに気づかせて下さってありがとうございます。

みけにけさんへ(ニャタリー)

そんなことがあったのですね・・・

本当に母猫の愛情の深さを
今回はじめて知りました。

白い子も、自分で里親を探して
もう、日程調整のところまで来ていたので
Paw Aidの方に申し出をうけた時、
正直迷いましたが、
みけにけさんの話を聞いて
「よかった」と思いました。

貴重なお話、ありがとうございます。

mitoko☆さんへ(ニャタリー)

そうですね。
私もまぁちゃんとみぃちゃん、
導かれた「出会い」でした。

うっかり「素通り」してしまいそうな
日々の「出会い」を大切にしていきたいです。

たいへんだったんですね。

ニャタリーさん
私事でバタバタしている間に?!
たいへんだったんですね~~。
何のお手伝いもせず恐縮です(--;

でも何て可愛い子達!!!
みんな幸せになって欲しいです。
ニャタリーさん、お疲れでお体壊されませんように。。

ニャタリーさん、こんにちは。

のりのりちゃんはお母さんと一緒にすごすようになったのですね。
おかあさんも落ち着いてきたようでほっとしました。
ニャタリーさんとノラさん親子の出会い。
きっと数日前から猫の神様がニャタリーさんの耳元でささやいていたのかもしれませんね。

女の子二人もお泊り体験、うまく行きますように心から祈っています。

導き

私の場合は、ペットショップでの繁殖のロシアン♂が6ケ月まで売れ残っていて、引き取ってくれる人がいたらと言われて、私が飼う事になりました。
でもガリガリに痩せていて、ドライフ-ドを食べず、ウエット缶なら好んで食べる子でしたが、
性格が可愛く、忠実で愛らしい子でしたが、2ケ月後にFIPにより虹の橋を渡ってしまいました。
その直後に、実弟のジョニーを向かい入れて、
ロシアン♀サーシャが我が家に来てくれて、親戚猫のmyuthaさんに出会い、今ニャータリーさんにコメントを書いています。

母猫と子猫たちに出会ったのも、導きなのですね。たくさんの導きがあって、出会いがるのだなって思いました。

母猫さん、子供の事が心配で心配でしょうがなっかたのですね。凄い母性の強い立派な母猫さん、今は息子猫と一緒に安心して暮らしているとの事、よかった!!

優しい里親様に出会えることを祈っていますね。

ハッチーさんへ(ニャタリー)

何をおっしゃいます、ハッチーさん。

お嬢様のご結婚、おめでとうございます。

里親の私が「里親探し」
なんとも不思議なものです。

これも「運命」ですかねぇ・・・

myuthaさんへ(ニャタリー)

皆が、「幸せ」になる形を
迎えられたらと願ってます。

やっぱり「猫の神様」に
導かれたのでしょうか?
う~ん、きっとそうですね!

エンジェル911さんへ(ニャタリー)

とってもお辛い経験を
経ていらっしゃったんですね。

私は時々、与えられた試練の意味が分からなくって
苦しみます。
ただ、思うのは、そこに「何かしら」の
出会いがあって、それに助けられて
いる自分がいるってことです。

そうやって、エンジェル911さんとも
今回、出会えたのだと思っています。
とっても嬉しいです。

子猫たちのため、願ってくださり
ありがとうございます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sio2nyan.blog123.fc2.com/tb.php/138-82f0ef8f

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。